カラコンの大きさを示すDIAと着色直径の違いとは?

カラコンの通販サイトをみていると必ず目に入ってくるのはDIAという数値。

「DIA:14.5mm」のように、単位がミリメートルで表示がされているので、大きさを表している言葉であることは分かります。

“DIA”は”diameter”の略で、英語で直径の意味。単にレンズ直径を示す数値ですが、カラコンの説明には他に「着色直径」という言葉があります。DIAと着色直径の二つは、計測の仕方が違い、混乱しがちなので解説をしておきます。

カラコンの着色直径とDIAの違い

コンビニ決済(NP後払い)で買えるカラコン

DIAはレンズ全体の直径

DIAはレンズ全体の直径を表します。ただし、その計測方法はレンズが湾曲(カーブ)した状態で計測します。

ピタッと押しつぶした状態にしてから計るのではありません。心に留めておきましょう。

着色直径はレンズのカーブをつぶして計測

一方で、着色直径はカラコン特有の数値ですが、これはレンズの湾曲を潰して平面的にした状態での、着色されている面の最大直径を計測します。

これが、DIAと計測方法が違うので混同しがちなところです。

すぐに届くカラコン通販

レンズの装着感を左右する大きさ

レンズを装着した際の付け心地は、DIAが小さいレンズのほうが圧迫感が少なく快適です。装着時も大きいレンズは入れにくく、目に馴染むまでに時間がかかります。これは、普通の(色のついていない)コンタクトレンズが平均でDIA:14.0~14.2mm程度とカラコンに比べて小さめであることでも納得がいきます。

カラコンの場合は瞳を中心にカラープリントが施されているため、若干大きめにならざるをえません。これは単にデカ目を演出するというだけではなく、大きくしたほうが装着した際にレンズがズレにくく安定するからです。まばたきをする度にカラコンがズレるのは、見ていてもあまり気持ちのいいものではありませんね。

DIAと着色直径のまとめ

両者はどちらもカラコンを選ぶ際の基準になる数値でありながら、その計測方法が異なるため誤解もまねきます。

普通に考えると“DIA>着色直径”と、着色直径よりもDIA数値が大きくなるのが普通です。しかし、まれにカラコンのフチいっぱいに着色されているレンズでは、両者が逆転してDAIよりも着色直径の方が大きくなることがあります。これは、二つの数値の計測方法が異なるからです。
ケータイ払い【ドコモ・au・ソフトバンク】カラコン通販


公開日:
最終更新日:2017/03/26

no image
紗栄子のカラコン

大人系モデルの紗栄子さん、カラコンをプロデュースしています。 →

安室奈美恵のカラコン

安室奈美恵がプロデュースするカラコンブランドは → レヴィア

パッケージもカワイイカラコン
うっとり眺めてしまう!カワイイ、カラコン。

カラコンは毎日使うものだから眺めるだけでも楽しくなるようなカワイイ、カ

菊地亜美カラコン無し
菊地亜美が使用するカラコン

アイドリング!!!の元メンバーである菊地亜美ちゃん。 2014年

沢尻エリカのカラコン使用前・使用後
沢尻エリカの使用するカラコン

芸能界の暴れん坊キャラである沢尻エリカ。 フランス人の母を持つ、

→もっと見る

  • チャームカラーコンタクト
PAGE TOP ↑